脂漏性角化症をレーザー治療~嫌なイボとお別れ~

看護師

静脈の逆流

悩み

静脈疾患とは

下肢静脈瘤は静脈で起こる疾患です。静脈は、体中の血液を心臓に戻す役割を担っています。そのため、静脈には逆流を防ぐための弁が付いていて、重力や体の動きによる静脈を流れる血液の逆流を防いでおり、「静脈弁」と言います。この静脈弁は血液が流れるときだけ開き通常は閉じていますが、静脈弁に異常が生じることによって静脈血の流れが滞ります。この滞った血の流れが静脈を広げて変形させ、血管の弱い部分が蛇行したりコブ(静脈瘤またはその前駆体)になります。最初は痛みを生じるだけに留まりますが、最終的には静脈疾患へと進行してゆくことがあります。静脈疾患には、雲上血管腫、静脈瘤、静脈うっ滞症候群、血栓性静脈炎などがあり、下肢静脈瘤は静脈疾患の代表的なもののひとつです。

その原因・症状・治療

静脈疾患の代表ともいえる下肢静脈瘤とは、下肢の表面にある静脈がコブ状に拡大したものを指します。その原因として、静脈弁不全が大半を占めます。これは、立ち仕事などで下半身の静脈圧が常に高い場合に発症しやすいと言われています。その症状として自覚できるのは、下肢のだるさや下腿のこむら返り、および静脈瘤が破裂したことを起因とする打ち身の様な色素沈着、そして血液が流れにくくなっていることを起因としておこる皮膚潰瘍です。代表的な治療法としてあげられるのが圧迫療法と静脈結紮術(じょうみゃくけっさつじゅつ)です。圧迫療法は文字通り圧迫し、逆流を防ぐことです。結紮とは、「縛って糸などを結ぶこと」であり、静脈結紮術は文字通り静脈弁不全を認める部分つまり下肢静脈瘤部を糸で縛って逆流を防ぐ、という治療法です。

Copyright© 2015 脂漏性角化症をレーザー治療~嫌なイボとお別れ~All Rights Reserved.